Twitter300字SS「選択の期限」「空を飛ぶ」

2018/06/02 22:13 □ 短編・ショートショート

Twitter300字SS お題「空」

ジャンル : オリジナル



—–

『選択の期限』

 

 晴れ渡った空の青に入道雲の白。

 夕焼けの赤に浮かぶ三日月と金星。

 時には今にもなにかが降ってきそうな寒々しい曇り空。


 丘の上のベンチに腰掛け、美しい空を見上げるのが僕の日課だった。


 名も知らぬアーティストが作り上げた色彩。

 この空を見られるのは、明日まで。

「綺麗だね、お父さん」

 いつの間にか隣に座っていた娘をそっと抱き寄せる。

 曾祖父さんが生まれる前、地上に何かが起き、人類は地下に潜った。

 空という名の照明も、温度と空気の調整も。

 利用してきたエネルギーが尽きるとわかったのは、たった数日前。


 どうなっているかもわからない地上に出るか、それとも僕の知る世界とともに穏やかに生を閉じるか。

 選択の期限まで、あと十二時間。

 

—–

 

『空を飛ぶ』

 

 いってらっしゃいと手を振って三〇分。
 空は快晴。が、どうやら風がよくないらしい。

 時折無線機から状況連絡の声が聞こえる。

 山のてっぺん、木のない一角。
 見つめ続ける私の背に、あなたも行ったらいいのにと、常連のご婦人が笑う。
「世界が変わるよ」


 目を開いていられる自信がないから遠慮するけど、それはきっと本当なんだと思う。


「そろそろいけるって」
 無線機片手に男性が言う。

 スマホ画面の向こう側、標高五八〇m地点でふわりと傘が開いた。


 七〇歳の誕生日、父親が空を飛んだ。
 地元のパラグライダースクールで、時間にして五分ほどの空の旅。


「こんなにええもんとは思わんかった」


 世界は変わっただろうか。


 今年の誕生日も予約済みだそうだ。

 

—–

『選択の期限』はご想像にお任せしますな終わり方で、『空を飛ぶ』はノンフィクションです。
どちらも自分としては珍しい感じになりました。


コメントを残す

TOPへ戻る