Twitter300字SS「病み上がりの特権」

2019/02/02 22:03 □ 短編・ショートショート

Twitter300字SS お題「薬」

ジャンル : オリジナル



—–

『病み上がりの特権』

 

 朝起きると、体の怠さはきれいさっぱり消え去っていた。

「全快っぽいけど、んー」

 疲れが出たんだろうと今週いっぱい休みにしてくれた仲間に甘えることにしよう。

 階下では若干冷めた朝食が迎えてくれた。

 洗面所からボサボサ頭が顔を出す。


「おはよう、嫁。調子は?」


 二言三言言葉を交わすともう出勤時間。


「大人しくお留守番してるんだよ?」


 子供扱いして玄関に向かうその背を追う。


「あ、なんかほしいもんある?」

「薬かなぁ」

「え、まだ体調――」

 振り返るその首を両腕で捕まえる。

「んーん、回復完了。いってらっしゃい」


 面食らった顔にひらひらと手を振る。


 接種した回復薬の柔らかい感触にニヤつきながら、病み上がりは二度寝することにした。

 

—–

もう一本くらい書きたかったけど断念。
というか、なんでこんなだだ甘になったん…?
「風邪引きの特権」のふたりのイメージです。懐かしい~


コメントを残す

TOPへ戻る