Twitter300字SS「眠り姫の待ち人」

2020/12/05 21:54 □ 短編・ショートショート

Twitter300字SS お題「眠る」

ジャンル : オリジナル



—–

 

『眠り姫の待ち人』

 

 

 美しい姫が眠るという城に辿り着いた。
 複雑に絡まる茨は入り口を完全に塞いでいる。

 呪いは百年で失われるという。
 当家に受け継がれてきた書物によれば、姫が眠りについた瞬間からあと数秒で百年。

 もしお伽噺のように道が開いたら、まずは姫を目覚めさせてそのあとは。

 クッと喉が鳴る。
 興味は尽きない。


 茨がしゅるりと解ける。

 


「やっと面白そうなのが来たわ」

 見下ろしながら、とうに眠りから覚めた姫はタブレットを置く。
 階下でセンサーに反応したその顔からデータベースが弾き出した人物の肩書きは王子ではない。

 キスで目覚めさせて嫁にするなんてつまらない奴はいらない。


 「ようこそ、博士」


 来てくれてありがとう。
 私、研究価値はあると思うわ。

 

 

—–

 

ふたりともマッド寄りでした。

というか眠ってないじゃん。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ戻る